人工知能オンラインは、人工知能時代を乗り越えるため、国内外で利用される人工知能についての情報を発信しています。

全世界800万部突破『サピエンス全史』の著者最新刊『ホモ・デウス』30万部突破! ユヴァル・ノア・ハラリ日本国内著作累計100万部突破!テレビや新聞、雑誌など、あらゆるメディアで話題沸騰!

前のページへ戻る

作家の池澤夏樹氏や京都大学総長の山極壽一氏、教育改革実践家で杉並区立和田中学校元校長の藤原和博氏など、錚々たる著名人が絶賛

河出書房新社(東京都渋谷区/代表取締社長 小野寺優)は、 ユヴァル・ノア・ハラリの最新刊『ホモ・デウス:テクノロジーとサピエンスの未来』(2018年9月6日発売/上下巻各1,900円[税別])が、 本日10月31日をもって、 累計刊行部数30万部を超えましたので、 また、 『サピエンス全史』と『ホモ・デウス』をあわせたユヴァル・ノア・ハラリの著作の日本国内での累計刊行部数が、 100万部を突破しましたので、 ご報告いたします。

世界で400万部を突破している『ホモ・デウス』は、 世界で800万部を突破している『サピエンス全史』の著者の最新刊であり、 9月の発売から2ヵ月を経過したばかりにもかかわらず、 テレビや新聞、 雑誌、 オンラインのニュースサイトなど、 多くのメディアにご注目いただいており、 数多くの書評や紹介記事が掲載されております。 作家の池澤夏樹氏や京都大学総長の山極壽一氏、 教育改革実践家で杉並区立和田中学校元校長の藤原和博氏、 登山家の服部文祥氏、 歴史学者の本村凌二氏、 総合研究大学院大学学長の長谷川眞理子氏など、 錚々たる著名人によって各紙誌で絶賛され、 テレビの情報番組でも紹介されております 。

人類が「ホモ・デウス(神の人)」と、 「無用者階級」とに二分される、 衝撃の未来とは……

『ホモ・デウス』でユヴァル・ノア・ハラリは、 人類は今、 人工知能などの情報工学や、 遺伝子操作などの生物工学によって、 死を克服し、 究極の幸福や神のような力を手にするために、 自らを「ホモ・サピエンス(賢い人)」から、 「ホモ・デウス(神の人)」へとアップグレードしようとしており、 その結果、 この社会はどう変化し、 人類はどのような世界を生きることになるのか、 『サピエンス全史』の著者ならではの鋭い視点で人類の未来を描きます。 本書が多くの読者を獲得できたのは、 今後の仕事の在り方や働き方に不安を感じているビジネスマンや、 子どもたちがどのような未来を生きることになるのかを案じている子育て世代など、 専門家や知識人にとどまらず、 幅広い読者層の関心を集めているからに違いありません。 世界的ベストセラー『ホモ・デウス』に、 引き続きご注目いただきたくお願い申し上げます。

●『ホモ・デウス』特設サイト  http://www.kawade.co.jp/homo-deus/
 

ユヴァル・ノア・ハラリ Yuval Noah Harari
1976年生まれのイスラエル人歴史学者。 オックスフォード大学で中世史、 軍事史を専攻して博士号を取得し、 現在、 エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えている。 軍事史や中世騎士文化についての著書がある。 オンライン上での無料講義も行ない、 多くの受講者を獲得している。 著書『サピエンス全史』は世界的なベストセラーとなった。

『ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来』
上下巻 各1900円(税別) ISBN 上巻 978-4-309-22736-8 下巻 978-4-309-22737-5
柴田裕之訳 46判上製 上巻272頁/下巻288頁