人工知能オンラインは、人工知能時代を乗り越えるため、国内外で利用される人工知能についての情報を発信しています。

【UBMジャパン株式会社】 「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2018 in 東京 (第19回)」開催のお知らせ

前のページへ戻る

<5年後のto be — “強い顧客接点”の創り方>

~コンタクトセンター/カスタマーサポート業界に贈る一大イベント~
AI、 RPAなどの最新テクノロジーから人材育成、 マネジメント、 企業誘致まで
コンタクトセンター、 カスタマーサポート業務担当者向けのイベントがいよいよ開幕!

株式会社リックテレコム「月刊コールセンタージャパン」(東京都文京区)、 UBMジャパン株式会社 (東京都千代田区)は11月15日(木)・16日(金)の2日間、 「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2018 in 東京 (第19回) 」をサンシャインシティ・文化会館(東京都・豊島区)で開催致します。

■テーマは「5年後のto be ―“強い顧客接点”の創り方」
顧客ロイヤルティを高め、 選ばれるセンターになるために必要なことは何か。 消費者の行動が多様化する中、 企業の経営に貢献する「強い顧客接点の創り方」をテーマに、 海外企業を含め150社以上が出展、 研修講座を合わせて100以上のセミナープログラムを同時開催致します。
「コールセンター/CRMデモ&コンファレンスin東京」はコンタクトセンター/カスタマーサポート分野において日本最大級のイベント規模を誇り、 業界の活性化と更なる発展の為、 出展企業各社、 来場者、 業界の関係団体を始めとした多数の関係者の支援の下、 最新の情報を発信します。

■2018年特別企画 [ES向上/働き方改革ゾーン、 AI(人工知能)ゾーン]
・ES向上/働き方改革ゾーン・・・顧客満足度(CS)向上につなげる従業員満足度(EC)向上
コールセンター業界は精神的にも負担が大きいとされ、 福利厚生の充実、 待遇・制度の改善、 柔軟な働きやすさ(働き方改革)など、 ESの向上はCSを向上させる方法として注目されています。 同テーマゾーンには上記のような課題を抱える担当者へ向け提案をする企業が参加しています。
・AI(人工知能)ゾーン・・・オペレーターの業務支援・業務効率化を実現
チャットボットや音声認識、 FAQなど注目されるAI(人工知能)技術を活用した最新のテクノロジーを提案する企業が多数出展致します。
テーマゾーン以外の展示エリアにもAIソリューションや、 ES向上/働き方改革の関連サービスが多数出展し、 出展企業各社により、 次世代のコンタクトセンターの構築と運用を成功に導く最新の製品・サービスが紹介されます。
■多数のセミナープログラム
会期中には研修講座を合わせ100以上のセミナーを実施致します。 基調講演では「顧客戦略」、 「コンタクトセンター×AI」をテーマに、 特別講演では「コールセンター・アワード2018」、 「クレーム対応」、 「コールセンターのマネジメント」を題材に業界の有識者、 ユーザー企業が登壇します。 「5年後のコンタクトセンター研究会成果報告」ではソリューション、 マネジメントなどの観点から4セッションを実施、 出展社による「ワークショップ」、 製品のユーザー事例やセンター運営のノウハウを含んだ「事例&ソリューションセミナー」、 初開催の「AI(人工知能)セミナー」では関連製品・サービスを展開する企業によるセッションを多数開催致します。 オペレーター、 SV、 マネージャー、 センター長など階層別の研修プログラムである「実践研修講座」など、 多彩なセミナープログラムを実施致します。

====≪開催概要≫===================================================
名 称:コールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2018 in 東京 (第19回)
日 程:2018年11月15日(木)・16日(金) ※実践研修講座は13日(火)~15日(木)
会 場:サンシャインシティ・文化会館
主 催:株式会社リックテレコム 月刊コールセンタージャパン、 UBMジャパン株式会社
後 援:日本コールセンター協会(CCAJ)、 日本通信販売協会、 企業情報化協会、
日本コンタクトセンター教育検定協会、 HDI-Japan、 ASP・SaaS・IoTクラウド コンソーシアム
協 賛:ビジネス+IT、 TechTargetジャパン、 BCN、 IT Search+、 ITトレンド

[イベントプログラム]
展示会、 2018年特別企画 <ES向上/働き方改革ゾーン、 AI(人工知能)ゾーン>
ワークショップ、 事例&ソリューションセミナー、 AI(人工知能)セミナー、 プライベートセミナー、
基調講演、 特別講演、 コンタクトセンター・アワード、 5年後のコンタクトセンター研究会成果報告、
実践研修講座

=============================================================