人工知能オンラインは、人工知能時代を乗り越えるため、国内外で利用される人工知能についての情報を発信しています。

ファッションレンタルサービス『SUSTINA(サスティナ) 』AI(人工知能)を活用した洋服おすすめ提案機能を10月下旬より提供開始〜将来はAIと対話しながら洋服選び〜

前のページへ戻る

AI(人工知能)を活用した洋服おすすめ提案機能を10月下旬より提供開始シェアリングエコノミーで大量生産・大量消費型アパレル業界の変革に取り組む株式会社OMNIS(オムニス)(本社:東京都港区、 代表取締役:上田徹、 以下当社)は、 当社が運営するファッションレンタルサービス「SUSTINA(サスティナ)」内で、 AI(人工知能)を活用した洋服おすすめ提案機能の提供を10月下旬より開始します。

昨今、 ファストファッション業界が急成長をとげ、 衣服が安く簡単に手に入るようになりました。 その一方で衣服の廃棄量も増加し、 日本では年に20億着もの衣服が捨てられているのが現状です。
当社はそのような課題を解決するために、 月額料金を支払えば衣服をレンタルできるクローゼットレンタルサービス「サスティナ」を2015年3月にスタートしました。 サービス開始以来「サスティナ」は、 累計約6万ダウンロードされるなど多くのユーザーが利用しています。

現状ユーザーはキーワード検索機能を活用して衣服を選んでいますが、 外出先や着用目的、 流行・トレンドや他者の評判など、 衣服を選ぶ際のユーザーの嗜好は多岐にわたるため、 検索機能だけでユーザーの衣服選定ニーズを満たすことは限界がありました。

このような現状を解決するために、 サスティナは、 ユーザーの衣服選びをサポートするレコメンド機能(おすすめ機能)の提供を開始します。 サービス開始以来蓄積されたサスティナ内のユーザー行動履歴や、 コーディネーターの知見をAI(人工知能)が総合的に分析し、 当社が保有する大量の衣服の中から、 ユーザーの嗜好にマッチする衣服の提案が可能になります。 AIによるパーソナルレコメンド機能を提供開始することで、 利用ユーザーがより衣服を選びやすくなるだけでなく、 衣服が再利用される機会が増えることが見込まれるため、 衣服の廃棄量低下に繋がると考えます。

また、 将来は音声入力によるチャットサービスの自動応答機能などを活用し、 ユーザーがAIと対話しながら洋服選びができるような機能になることを目指します。

当社は今後も、 大量生産・大量消費が当たり前となっているアパレル業界においてシェアリングエコノミーを推進し、 洋服を使い捨てせずに再利用するライフスタイル作りに取り組んでまいります。

< ファッションレンタルサービスSUSTINA(サスティナ)の新機能概要>
機能名:AIパーソナルレコメンド機能(AIによる洋服おすすめ提案機能)
提供開始日:2017 年10月下旬
サービス利用方法:iPhone/Android アプリ
サービスURL: https://sustina.co

SUSTINA(サスティナ)とは
持続可能性sustainability(サステナビリティ)からの造語。 クローゼットを丸ごと借りるような体験ができる月額¥3,900~のファッションレンタルサービスです。 「所有」から「シェア」するスタイルへ、 日本のファッション環境を優しくアップデートしたいという想いから生まれました。 まるで大きなクラウドのクローゼットをシェアするように、 価値あるものを使い捨てない、 サスティナブルなファッションの未来を提案します。
※扱うアイテムはレンタルの特性からリユースの商品となります。

< 特 徴、 メリット>
数万点の洋服、 バッグ、 アクセから自由な組み合わせで買い物するように借りられる
15点~を月額料金でレンタルできる
「組み合わせは自由」
数万点の洋服、 バッグ、 アクセから好きなアイテムを自由な組み合わせでレンタルできます。
「レンタルでも気にせず使える」
例えばボタンが外れたり、 コーヒーをこぼしてしまっても、 追加料金はかかりません。
もう一度使えるように、 SUSTINAが修理をします。

サービス利用方法:iPhone&Androidアプリ
URL: https://sustina.co

料金:
15アイテムプラン(無料交換枠1):月額3,900円
30アイテムプラン(無料交換枠3):月額7,900円

◆運営会社概要
会社名:株式会社オムニス OMNIS.INC,
代表取締役兼CEO:上田 徹
設立:2014年6月27日

住所:107-0062 東京都港区南青山7丁目4-2アトリウム青山2B
事業:iPhoneアプリ、 Androidアプリの開発
衣料品、 アクセサリー、 装飾品及び雑貨等の中古小売業