人工知能オンラインは、人工知能時代を乗り越えるため、国内外で利用される人工知能についての情報を発信しています。

AIチャットボットで デジタルコミュニケーションが変わる ~アイアクト、のれんが、 企業のWebサイトを題材にした AIチャットボット活用法セミナーを開催~

前のページへ戻る

株式会社のれん(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安藤 健太、略記:のれん)は、株式会社アイアクトと共同で、「AIチャットボットでデジタルコミュニケーションが変わる ~遠州鉄道/たびゲーターに学ぶ、社内推進・活用のススメ~」を2018年6月6日(水)に開催します。

AI(人工知能)のビジネス活用に注目が集まる近年、自社でどのように活用できるか悩む担当者向けに、自社サイト(外部向けサービス)でのAI活用、特にAIチャットボットの活用に対象を絞り、遠州鉄道/たびゲーターの導入・運用事例を元に、具体的な利用シーンとその結果、社内での導入推進方法を紹介します。また、AIチャットボットを活かすためのサイトの構造管理やサイト改善の運用基盤づくりについても紹介します。

———————————————————————-

■開催概要

———————————————————————-

名 称:AIチャットボットでデジタルコミュニケーションが変わる

日 時:2018年6月6日(水) 14:30~17:55(受付開始 14:00)

会 場:全国情報サービス産業企業年金基金(JJK)会館 2F 多目的ルームB

東京都中央区築地4-1-14

http://www.jjk.or.jp/about/index.html

定 員:50名

対 象:自社でAI・チャットボットを導入したい方

チャットボットのWebサイトでの活用事例が知りたい方

チャットボットの情報収集をしたい方

主 催:株式会社アイアクト(https://www.iact.co.jp/

株式会社のれん(https://noren.ashisuto.co.jp/

参加費:無料(事前登録制)

詳細および申込URL:

https://noren.ashisuto.co.jp/seminar/report/1192282_1574.html

問い合わせ先:

TEL:03-5276-5872 E-Mail:noren_evt@ashisuto.co.jp

———————————————————————-

■プログラム

———————————————————————-

14:30~15:30

【第1部】【デモ付き】チャットボットはWebサイトをどう変えるのか

AI・Watsonの導入をご支援して約2年になりますが、企業のAI導入で多い

のがFAQの応答などのチャットボットです。実際、市場予想も数年で数十

倍という予想が出ています。本セッションではWatsonのデモを行いなが

ら、チャットボットでどこまで出来るのか、チャットボットの一般的な

効果とFAQ以外での利用方法、そして、Webサイトのコミュニケーション

を変える可能性をお伝えします。

株式会社アイアクト

取締役CTO 兼 人工知能・コグニティブソリューション担当 西原 中也

15:30~15:40 休憩

15:40~16:10

【第2部】保守的な体質の企業がチャットボットを導入した理由とその奮闘

ITを活用した生産性向上が社内の重要課題となる中、チャットボット導

入に至った理由や、保守的体質の企業ゆえの導入時の苦労をお伝えいた

します。製品の選定から導入まで経験した担当者として、各社のチャッ

トボットを比較した際の比較項目や、本稼働までの準備だけでなく、失

敗しがちなポイントについてもお話させていただきます。

遠州鉄道株式会社

経営企画部 ICT推進課 赤星 彩様

16:10~16:40

【第3部】お客様サポート機能として“AI”チャットボットを導入した理由

「いつでも宿泊予約ができる」オンライン旅行会社でありながら、お客

様サポート機能は有人対応のコールセンターが担っており、日中のみ営

業しているのが現状でした。この課題を解決するため、そしてサービス

の多様化にも対応できるお客様サポート機能として、AIのチャットボッ

トを導入した理由をご紹介いたします。

株式会社たびゲーター

デジタルコマース事業部 マーケティングチーム 日野 みゆき様

16:40~17:25

【第4部】チャットボット活用の際に準備しておくべきポイント

チャットボットは、企業と顧客のコミュニケーション接点としてだけで

なく、顧客のニーズを探るツールにもナビゲーションにも使えます。逆

に、顧客を快適に目的達成に導く方法として、Webサイト側で考慮すべき

ポイントもあります。本セッションでは、CMSベンダーの視点で見えてき

た、AIチャットボットを自社サイトで活用する上で考慮すべきポイント

をお伝えします。

株式会社のれん

営業推進部 部長 八木 康介

17:25~17:35 質疑応答

17:35~17:55 「Cogmo Attend」「NOREN」個別相談会

※本プログラムは、予告なく変更される場合があります。

———————————————————————-

■講師プロフィール

———————————————————————-

西原 中也

株式会社アイアクト

取締役CTO 兼 人工知能・コグニティブソリューション担当

2001年アイアクト入社。前職・編集の情報整理力とシステムの知見を活かし、ニュースサイト運用から大規模なシステム構築など幅広くWebとシステムの制作を行う。2016年4月から実質2ヵ月強にてWatson搭載の会話ロボットを製造。以降、Watson、人工知能、ロボットの責任者として、事業開発に携わる。人工知能学会 会員。東京大学中退。

八木 康介

株式会社のれん 営業推進部 部長

BIツールのサポート、教育、プリセールスを経験後、NORENビジネス立ち上げ当初からプリセールス活動に携わる中心的な存在。過去15年間に渡るCMSの経験に裏打ちされた提案、アドバイスへの信頼は絶大であり、幾多のプロジェクトを成功に導く。Salesforce Pardotの認定資格も取得し、UX、MA、デジマなどCMS以外のセミナーにも数多く登壇している。

———————————————————————-

■株式会社アイアクトについて

———————————————————————-

株式会社アイアクトは、Digital Communication と Engineering で新しい価値体験を提供し続ける。をテーマに、顧客課題やニーズに応えた提案・コンサルティングと確かなプロジェクトマネジメントが強みです。大規模Webサイトの構築・運営、人工知能・コグニティブソリューションでのチャットボット開発等の提供、IoTシステム開発を手がけています。

https://www.iact.co.jp/

———————————————————————-

■株式会社のれんについて

———————————————————————-

株式会社のれんは、パッケージ・インテグレーターの株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚辰男)の100%子会社として2014年1月に設立されました。Webコンテンツ管理製品(CMS)「NOREN」を中核とした、Webサイトに関連したソフトウェアの販売、ソフトウェアの導入/教育/構築支援サービス/プロダクトサポート・サービスの提供を主な事業内容としています。

https://noren.ashisuto.co.jp/

———————————————————————-