人工知能オンラインは、人工知能時代を乗り越えるため、国内外で利用される人工知能についての情報を発信しています。

事故のない世の中を目指して 自動運転車の将来

前のページへ戻る

自動運転車と青い車

自動運転車開発の現状

「車を運転しなくても、自動的に目的地まで連れて行ってくれる。」そんな夢のような自動車の完成が目の前まできています。

一昔前までは、自動運転車は「未来の乗り物」だと揶揄されてきました。

それが今では、各社がこぞって技術の向上に切磋琢磨し、市場を切り開こうとしています。

走行中の自動運転車と青い車

自動運転車とは?

自動運転車とは、英語で「Autonomous Car(オートノマスカー)」と記載されることが多いです。

他にも「Robot Car(ロボットカー)」や「Unmanned Ground Vehicle(アンマンドエアリアルビークル)」(通称「UGV」)、「Driverless Car(ドライバーレスカー)」、「Self Driving Car(セルフドライビングカー)」などと多種多様に呼ばれています。

総じて、「人が運転の操作を行わなくとも、自動で走行ができる自動車」であると解されます。

自動運転車のシステムと範囲

自動運転車の5つのレベル

日本政府では自動運転のレベルを以下の5つに定義しています。

  • レベル0
    ドライバーが常にすべての主制御系統(加速・操舵・制動)の操作を行う状態。
  • レベル1
    主制御系統(加速・操舵・制動)のいずれかをシステムが行う状態。
  • レベル2
    主制御系統(加速・操舵・制動)のうち複数の操作をシステムが行う状態。
    ドライバーは常時、運転状況を監視操作する必要がある。
  • レベル3
    主制御系統(加速・操舵・制動)を全てシステムが行い、システムが要請したとき(緊急時)はドライバーが対応する状態。
    主制御系統(加速・操舵・制動)を全て自動的に行うシステム。
  • レベル4
    完全自動運転。
    主制御系統(加速・操舵・制動)を全てドライバー以外が行い、ドライバーが全く関与しない状態。
    安全に関わる運転操作と周辺監視をすべてシステムや外部に委ねる。

2020年 東京オリンピックまでの目標

日本政府は当初「レベル4の自動運転の実現は2020年代後半を目指す」としていましたが、世界中で様々な技術が日々開発されている為、現在では東京オリンピックが行われる2020年までにはレベル4の「無人タクシーの運用開始を目標」とすることを発表しています。

また、世界では市販の自動運転車の第一弾は2017年にも発売される予定というところまできています。

自動運転車と交通事故のない世界

自動運転車の技術革新が進み、一日も早く、交通事故のない世の中が訪れることを願って止みません。