人工知能オンラインは、人工知能時代を乗り越えるため、国内外で利用される人工知能についての情報を発信しています。

【ライフログテクノロジー株式会社】 ヘルスケア アプリ「カロミル」にて、自社開発の食事画像認識AIを搭載

前のページへ戻る

~ 食事をスマホで写真撮影するだけで、自動でカロリー計算、栄養素測定が可能に ~

ライフログテクノロジー(本社:東京都豊島区、 代表取締役:棚橋繁行)は、 ヘルスケア アプリ「カロミル」において、 2017年9月14日、 自社開発の食事画像認識AIを搭載しました。

ヘルスケア アプリ「カロミル」は、 2015年12月より提供している、 日々の食事や運動の記録・管理が簡単におこなえる、 ダイエットアプリです。

食事管理は、 自炊・外食にも対応し、 カロリー・脂質・糖質等のさまざまな管理が可能です。 運動管理は、 60種類の運動にも対応し、 消費カロリーの管理がおこなえます。
ダイエットや健康管理でのご利用はもちろんのこと、 一日の栄養素が、 レーダチャートで確認できることもあり、 糖尿病をはじめ腎臓病の方の栄養管理などでも使用されています。

今回、 ヘルスケア アプリ「カロミル」に搭載した食事画像認識AIは、 2017年8月に自社で開発したものです。
これまで当社では、 カロミルを通してユーザーから取得した食事画像と、 当社で保有する食事画像を合わせた約20万件を用いて、 機械学習を開発してきました。 テストとして、 15,000件の食事画像を選び、 開発した画像認識AIに料理判定(食製品を含む)させたところ、 その識別率は82%となっており、 高い精度を誇ります。

食事画像認識AIの搭載により、 カロミルユーザーのスマートフォンの写真フォルダとカロミルアプリが連動します。 食事管理に登録をしたい食事内容をスマートフォンで写真撮影するだけで、 自動でアプリ内に食事として判別され、 栄養素も自動的に算出され蓄積されます。 これにより、 カロミルのアプリ内に食事を登録する手間が削減されます。 食事の度にアプリを開き登録をする必要がありません。 写真を撮影しておけば、 後日遡り食事を登録することも可能です。

当社では、 カロミルを通して、 ユーザーの健康維持を支援できるよう、 さらなる機能開発につとめてまいります。

◆AIによる食事画像認証の一例

◆ヘルスケア アプリ「カロミル」概要
■iOS版: https://itunes.apple.com/jp/app/id963055562?mt=8
■Android版: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.calomeal.android&hl=ja
■HP: http://calomeal.com/
■主な機能(一部抜粋)
・食事(外食、 自炊を含む)の栄養計算(月10回まで無料栄養計算依頼可)
・運動による消費カロリー計算
・体重・体脂肪率の推移グラフ
・AIを活用した体重・体脂肪率の予測機能
・オムロンヘルスケア社「オムロンコネクト」とのデータ連携(体重・体脂肪データ)
・Apple社「ヘルスケア」とのデータ連携(体重・体脂肪データ)
・Fitbit社「フィットビット」とのデータ連携(運動データ)

◆ライフログテクノロジー株式会社について
管理栄養士、 エンジニア、 データサイエンティスト、 人工知能の研究者で構成されたヘルスケア関連のテクノロジー企業。
所在地: 東京都豊島区駒込3−24−8
設立:2016年2月
代表取締役:棚橋繁行
URL: http://calomeal.com/

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

≪当プレスリリースに関するお問合せ先≫
担当者 : 棚橋(たなはし)
E-mail :info@calomeal.com
TEL : 03-5980-9040