人工知能オンラインは、人工知能時代を乗り越えるため、国内外で利用される人工知能についての情報を発信しています。

世界最先端のAIコンシェルジュ「Bebot」、カンデオホテルズ大阪なんばでサービス開始

前のページへ戻る

~フロント業務の自動化で、ゲストの生の声を拾い上げることも可能に~

株式会社ビースポーク (本社:東京都港区、 代表:綱川 明美) は、 2017年9月より、 訪日外国人向けAI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot(ビーボット)」のサービス提供を、 カンデオホテルズ大阪なんば(所在地:大阪府大阪市中央区)向けに開始しました。 フロント業務を人工知能で自動化することにより、 ご利用ホテルの生産性やゲスト満足度の向上に貢献します。

「Bebot」は、 2016年に日本で初めて訪日外国人向けコンシェルジュ業務を人工知能で対応可能にしたチャットボットです。 訪日外国人の質問やリクエストに、 365日いつでもスマートフォンを通じたリアルタイムの多言語対応を行うことができます。 すでに、 ホリデイ・インやグランベルホテルのような宿泊施設や、 レンタカーサービス「タイムズ カー レンタル」にてサービス提供を開始しています。 今回は、 2017年7月にオープンしたチェーン最大の客室数を誇るカンデオホテルズ大阪なんば向けに、 サービス提供を開始することとなりました。 まずは、 英語と中国語のサービスから開始します。

「ビュッフェ形式の朝食のはずが、 食べるものがほとんど残っていなかった」「夕食に出た一品が不味くて食べられなかった」等、 フロントへの問い合わせを躊躇するようなゲストからの生の声も、 「Bebot」は拾い上げることできます。 ゲストの生の声をホテルのサービス改善につなげることで、 ゲスト満足度が向上し、 レビューサイトでのランキングが上昇した導入例もあります。

「チェックアウトの時間は?」「空港へのリムジンバスを予約してほしい」等、 ゲストからよく出る質問やリクエストに対して、 「Bebot」は各ホテルごとにカスタマイズされた対応をリアルタイムに行うことができます。 「Bebot」の導入によって、 フロントスタッフは人間しかできない業務に集中することが可能となり、 ホテルの生産性やゲスト満足度の向上につながります。

■「Bebot」とは
「Bebot(ビーボット)」は、 訪日外国人向けの「AI(人工知能)コンシェルジュ」です。 宿泊施設のスタッフに代わり、 英語や他の言語で24時間365日問い合わせに対応します。 ゲストは、 使い慣れたFacebook MessengerやWeChatなどのチャットアプリを通じて「Bebot」を利用することができます。 ご利用ホテルは、 ゲストにレビュー投稿を「Bebot」チャット内で依頼することもできます。 「Bebot」の導入にかかる期間は数日程度、 ホテルごとにカスタマイズも可能です。 現在、 国内の約3,000室に「Bebot」を提供しています。

■会社概要
商号 : 株式会社ビースポーク
代表者 : 代表取締役 綱川 明美
所在地 : 東京都渋谷区
設立 : 2015年10月
事業内容 : インバウンド向けインターネットサービス
会社URL :   http://www.bebot.io/hotels

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ビースポーク 広報・高橋
Email :  press@be-spoke.io