人工知能オンラインは、人工知能時代を乗り越えるため、国内外で利用される人工知能についての情報を発信しています。

第4回グローバルメンタルヘルスセミナー開催〜人工知能時代のストレスケアと脳教育

前のページへ戻る

ストレスケアや腸研究の国内外の第一人者が講演、オルタナティブスクールの事例発表も

「第4回グローバルメンタルヘルスセミナー~人工知能がもたらす社会変革時代に求められるメンタルヘルスとは?脳教育が人間力を高め未来を切り開く」(主催・特定非営利活動法人IBREA JAPAN)が8月5日、 京都大学百周年時計台記念館百周年記念ホールで開催されました。 教育関係者や一般市民が参加し、 500席が満席となる盛況ぶりでした。 人工知能時代に求められる創造的な思考・行動を促す方法として注目される脳教育や、 腸と脳のつながり(腸脳相関)をふまえたストレスケアについて、 第一線の専門家が最先端の取り組みや成果を紹介しました。

第1部は、 「メンタルヘルスと教育」をテーマに、 グローバルサイバー大学の蔣來赫(ジャン・レヒョク)教授の招待講演「人工知能VS自然知能~人間の脳の特別さを目覚めさせる~」、 日本ベンジャミン人間性英才学校の品川玲子校長の事例発表「地球市民を育てる脳教育の教育革新モデル」、 日本ベンジャミン人間性英才学校の3人の生徒による青少年スピーチが行われました。

ジャン教授は、 「21世紀は情報化時代」とし、 「脳は人体で唯一精神性を備えている臓器であり、 人工知能時代に脳を理解するということ、 また脳を正しく活用することは、 とても重要」だと述べました。

また、 このような時代において、 過去の自分を省察し、 現在の自分を自覚し、 未来の自分を想像できるかどうかが未来教育のポイントであり、 それが人間の自然知能だと説明し、 「価値を追求する脳がリーダーになる」と言及しました。

そして、 「脳のメンタルヘルスの状態を改善するのも脳活用にある」「意識を集中するとき、 感情を伴うときに脳波に変化が起こる」とし、 会場に脳波測定器を設置して脳教育のブレイン瞑想を行っているときの脳波を測定し、 意識の集中による脳波の変化をリアルタイムで見せました。

最後に、 「パソコンはいくらソフトをうまく使ってもハードは変化しないが、 脳は使い方によって脳のハードも変化する。 そのポイントは情報。 情報化時代に情報を処理できる原理と方法をもつ脳教育を情報処理技術とも言う」とし、 脳の特別さを育てるキーワードは、 私は誰かという「省察」と、 私はどんな価値あるものを「創造」するのかの2つであり、 「生活の中で、 省察と創造の機能を目覚めさせてほしい」と呼びかけました。

続いて品川校長が、 脳教育を全面的に取り入れたオルタナティブスクールとして日本ベンジャミン人間性英才学校の取り組みを紹介しました。 日本のみならず、 韓国、 米国、 中国に広がっているベンジャミン人間性英才学校は、 英語などの特定の分野の英才をつくるのではなく、 人間性のすぐれたグローバルな人材を育てることを目的に設立されました。

品川校長は、 「カリキュラムは、 基礎教育、 自己啓発、 夢さがし、 グローバルリーダーシップの4つにわけられる」とし、 昨年入学した1期生の活動の中から、 日本と韓国を400キロ以上歩いた日韓徒歩横断プロジェクトや被災地でのボランティア活動などを写真とともに紹介しました。 ボランティアは熊本と福島の2カ所で行っており、 熊本では被災者の家に生活用水を配送したり、 土砂や火山灰の除去作業などを手伝いました。 また、 福島では震災を経験した子供たちが健やかな体と心、 自信を取り戻すことを目的に行われたドリームプロジェクトで一緒に脳教育のトレーニングをしたり、 仮設住宅にも訪問しました。

また、 グローバルリーダーシップの例として、 海外のベンジャミン学校の生徒とのオンライン・オフラインの交流を紹介しました。 伊勢志摩サミットが行われた昨年5月に日韓地球市民青少年サミットを行い、 「地球のために私たちができること」をテーマにディスカッションして具体的なアクション計画を立て、 それらを実施しました。 また、 ニュージーランドで行われた地球市民リーダーシップキャンプには、 日米韓のベンジャミン学校の生徒が集まりました。 このとき立てた21日間の目標の進行状況を、 キャンプ後にオンラインで日本語、 英語、 韓国語で発表しました。 品川校長は「いろいろな壁を乗り越え、 楽しい時間を過ごすことができた。 そしてみんなひとつ、 We are One! We are EARTH CITIZENS!を訴えることができた」と述べました。

そして、 日本ベンジャミン人間性英才学校の生徒3人が、 ベンジャミン学校に入学してからの変化や自らの夢についてスピーチしました。

第2部は、 「メンタルヘルスと健康」をテーマに、 東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授の特別講演「幸せな脳は腸がつくる~腸脳相関の秘訣~」、 3人のブレイントレーナーによる事例発表「脳教育トレーニングの効果」が行われました。

藤田紘一郎名誉教授は、 「腸内環境を整えれば、 ガン、 アトピーばかりじゃなく、 うつ、 脳梗塞、 自閉症、 認知症、 多くの病気が治る」とし、 腸内環境を整える方法は「腸内細菌を増やす、 活性酸素を消す、 ストレスを取り除く、 おなかを温める」として話が進められました。

また、 人間の体には、 子作りエンジンの「解糖エンジン」と長生きエンジンの「ミトコンドリアエンジン」という2つのエンジンがあると説明。 「ミトコンドリアエンジンは37度以上で活発化する。 ミトコンドリアが体の中で一番多いのは腸。 腸を大事にするには、 おなかを温めなくちゃいけない」「おへそのあたりでゆっくり呼吸を回すとミトコンドリアエンジンが動く」とし、 「おへそを意識してゆっくり呼吸する、 体を温める、 丹田たたきをする」ことが役立つと紹介しました。 そして、 へそヒーリングをすると「腸、 小腸を中心として刺激が伝わる。 しかも熱が出てくる。 熱が出てくるということは、 おなかが温まり、 ミトコンドリアエンジンが動く」とし、 「腸をよくすると、 心も体も元気になる」と述べました。

最後に、 「125歳まで生きる」ということに言及しました。 「遺伝子で決まるのはたった5%。 腸がよければ遺伝子も変わる。 これをエピジェネティクスという」と説明し、 細胞の中にあるテロメアというものが短くなると死ぬので、 色のついた野菜、 果物、 植物繊維の多い食品を摂り、 添加物が入っていない手作りの食事で免疫を高め、 「今日からテロメアを短くしないような生活を送っていただきたい」と呼びかけました。

ブレイントレーナーによる事例発表では、 安井義博氏の「へそへの刺激が中高年者の気分に与える影響」、 高橋尚美氏の「こども、 障害者福祉施設への脳教育導入事例」、 川崎幸子氏の「IT企業のメンタルヘルスケア ~脳教育プログラム適用事例~」が発表されました。

また、 この日セミナー会場では、 IBREA JAPANと韓国のブレイントレーナー協会の協約が行われました。 両機関が日韓の脳教育の交流と発展のために協力することに合意。 脳教育の発展を通して人間の脳の根本価値を向上させることを目指すとしています。

**********

タイトル:第4回グローバルメンタルヘルスセミナー
日程:2017年8月5日(土)
会場:京都大学百周年時計台記念館百周年記念ホール
主催:IBREA JAPAN/後援:京都市、 京都市教育委員会、 京都新聞、 読売新聞、 IBREA、 グローバルサイバー大学、 一般社団法人ECO

【特定非営利活動法人IBREA JAPANについて】
特定非営利活動法人IBREA JAPAN(日本脳教育協会)は、 国際脳教育協会(International Brain Education Association : IBREA、 会長 李承憲)の日本支部として1997年に活動を開始。 2007年1月にNPO法人として登録しました。 「あらゆる問題の答えは人間の脳にある」という信念のもとに、 脳教育の普及活動を推進しています。 脳教育を通じてすべての人が真の良心を回復し、 人類愛、 地球愛の意識を共有することを目指しています。
▼IBREA JAPANの公式サイト: http://www.ibreajapan.org