ジェナ、AIチャットボット「hitTO」の最新バージョンをリリース

前のページへ戻る

法人向けにモバイルやAI・IoTに代表される新しいテクノロジーを活用したサービスを展開する株式会社ジェナ(以下 ジェナ)は、AIと連携したチャットボットサービス「hitTO(ヒット)」の最新バージョンをリリースしたことを発表致します。今回のリリースにより、社内ヘルプデスクや営業ノウハウの共有など、法人でチャットボットを活用する際のメンテナンス工数の削減や、チャットボットの回答精度向上を実現致します。

「hitTO(ヒット)」について

http://www.hitto.jp/

hitTOはユーザーが自然言語で質問ができる、AIと連携した法人向けのチャットボットサービスです。管理画面やユーザー画面の使いやすさやデザイン性、コミュニケーションツールとの連携などが評価され、AIのビジネス活用や業務効率化を目的として、既に多くの法人様で採用されています。

管理画面(質問/回答管理)

QA画面

hitTO最新バージョンの機能強化内容

1.「質問/回答管理」機能の強化
質問と回答の新規登録や、既に登録されている回答に対する質問のバリエーション追加などを、さらに簡単に行うことができます。

2. ログ確認機能強化
利用者からのフィードバックの内容を細かい絞り込みによって確認することができます。

3. 公開前の精度確認
チャットボットを利用者に公開する前に、細かく回答精度を確認することができます。

4. QA画面の表示パターンの強化
QA画面の回答内容にURLを設定することで、利用者側にサムネイル形式で回答を表示することができます。

株式会社ジェナについて

代表者:手塚 康夫
設 立:2006年3月
資本金:1億7,330万円
所在地:東京都千代田区東神田3-1-2 THE CANAL GATE -AKIHABARA-3F
事業内容:スマートフォン・タブレット向けアプリケーション開発・ウェブサイト制作、スマートデバイス活用プラットフォーム「seap」の開発・提供、AIを活用したアプリケーションの開発、AIチャットボットサービス「hitTO」の開発・提供、Beaconを活用したIoTアプリケーション開発、Beacon管理プラットフォーム「Beacapp」の開発・提供
URL  :http://www.jena.ne.jp

編集部担当デスクC